みんなで大家さんで投資を始めよう|未来を見据える

男の人

投資用マンションのローン

アパート

ローンの特徴と金融機関

マンション投資を始める上でローンをいかに上手に借り入れるかは成功するために避けては通れない課題です。このマンション投資用のローンですが、実は一般のマンションローンとは異なります。投資用ローンがあくまで事業目的のローンであるのに対して、マンションローンは居住用物件の購入という目的があるために両者は大きく異なります。まず、マンション投資用ローンのほうが融資基準が厳しく、借りる方の属性やこれまでの借り入れ履歴などについて厳しく見られる傾向があります。それに対してマンションローンはローンの借主が居住するために貸し倒れリスクが低いと判断されるために融資条件は緩やかになります。これらの点は当然のことながら、適用金利へも影響しています。マンション投資用ローンのほうがマンションローンのそれよりも高い金利が適用されています。理由は前述の通りで事業用であるために居住用よりも貸し倒れリスクが高い分だけ高い金利が適用されるからです。マンション投資用ローンですが、様々な金融機関から資金の調達が可能です。ただし、それぞれに融資条件や融資に対する姿勢は大きく異なります。全般的な傾向としては都市銀行や大手地方銀行の融資姿勢は保守的であり、信用金庫や日本政策金融公庫などは緩やかな融資条件と言えます。また何か合ったときのためにマンション投資会社に相談できる体勢を整えておきましょう。たとえば居住人の家賃滞納が発生しても、家賃保証をしてくれます。