みんなで大家さんで投資を始めよう|未来を見据える

男の人

2つの利回りを理解しよう

マンション

マンション経営をするのであれば、利回りについて理解しておきましょう。利回りには2つあります。1つが表面利回りで、もう1つが実質利回りです。表面利回りとは、年間家賃を物件購入価格で割ったものとなります。例えば、年間家賃100万円、物件購入価格2000万円であれば表面利回りは5%ということになります。但し、実際にはマンション経営を行っていくうえで諸経費がかかります。これらを考慮した利回りが実質利回りです。先ほどの例で、諸経費が年間20万円かかるとすると、実質利回りは4%ということになります。マンション経営をするための物件を探していると、利回りを目にすることが多いですが、チラシや不動産情報サイトに記載されている利回りは表面利回りであることがほとんどです。利回りは高ければよいというものではありません。入居者を集めやすい物件は、物件価格が高めになるため、利回りは下がります。利回りが高い物件は地方などにあったり、利便性が悪かったりして、入居者を確保することが難しいと考えることが一般的です。なお、利回りは物件購入価格をベースにしています。そのため、保有期間中の利回りは仮のものであり、最終的には売却をした時点で確定します。つまり、マンション経営において、利回りをしっかりと確保するためには、出口戦略がとても重要になってきます。マンション経営をするために物件を購入するのであれば、売る時のことも考えておきましょう。